【今日のエシカル】「エシカルはお金がないとできないの?」

「今日のエシカル」は「エシカルとはなにか」をいろいろな方向から考えるコラムです。

ファッションのお店。服がいっぱいある。


「エシカルはお金がないとできないの?」


これはよく聞かれる質問です。

「だって、オーガニック食材は高いし、フェアトレードの衣服は余計に支払うのでしょう?」

「ね、お金持ちでないひとにはできないのでしょう?」というニュアンスで聞かれます。


はたして、どうでしょうか?

ちょっと別の視点から考えてみましょう。


もし、「おしゃれはお金がないとできないの?」と聞かれたら、どう答えるでしょう?

「グッチのバッグもって、ティファニーのネックレスつけて、今シーズンのトレンドを押さえていないと、おしゃれじゃないよね!」

と言われたら、そう思うでしょうか。


必ずしも、ハイブランドだけがおしゃれではないでしょうし、ベースはユニクロや無印良品を組み合わせるとか、そもそもファストファッションでおしゃれに装っているひとは、街にたくさんいます。

それに、「服を買う」ばかりでなく、身だしなみ、着こなし、立ちふるまい……もおしゃれにかかわります。

アンティークな自転車で街に出かける
自転車で街に出る


さて、エシカルはどうでしょうか?

たとえば、バスや車を使う代わりに、自転車で買い物に行けば、二酸化炭素やその他のガスで空気を汚しません。

その時、マイバッグを持っていけば、環境にもお財布にもやさしいです。

喉が渇く季節には、マイボトルを持ち歩いてもOKです。

──昨日使ったペットボトルを洗って、水を入れてもよいくらいです。

こうして、ゴミも減らせます。

こういったエシカルにはお金がほとんどかかりません。


ところで、「ヘルプマーク」はご存じでしょうか?


外からはわからない病気や障害、困難を抱えているひとが、ヘルプマークをつけています。
ご年配の方に席をゆずるのと同じように、「ヘルプマーク」をつけているひとにも気を配ってみてはいかがでしょうか。

ヘルプマーク。どこで受け取れるか、各自治体に確認してみてください。


* なお、ヘルプマークについては、こちら(都のページ)をご参考にどうぞ!
公式には明記してありませんが、発達障害、メンタルの疾患、心身の不調全般をお持ちの方も使えるはずです。
医師の診断書などは必要なく、無料で配布されています。
細かな点は自治体に問い合わせてみてください。


こんな風に、日常のいたるところに「エシカルの種」は落ちています。

ぜひ、ひとつ見つけて発芽させてみてください。

緑の芽が出ている


文:木村洋平


こちらの記事もおすすめ


エシカルSTORY ホーム