エシカル系 & サステナブル系サイトのまとめ

「エシカル」「サステナブル」に関する情報を発信する12のサイト(メディア)をまとめました。


エシカル系」で6つ、「サステナブル系」で6つ、計12のサイトを紹介しています。

エシカル系は、生活者目線、ライフスタイル、社会起業家へのインタビュー等を扱うもの。
サステナブル系は、世界全般を見渡すニュースや論説、ビジネスシーンで役立つもの。
もっとも、分け方に厳密な基準はありません。

なお「エシカル系」では、筆者の判断で各サイトの「おすすめ記事」を選んでみました。ご参考まで!

2021年3月3日 更新

<エシカル系

ELEMINIST

エレミニストは「エシカル&ミニマルな暮らしと消費」「サステナブルな生き方をガイド」するメディアです。衣食住から、美容、動物福祉まで、アンテナを張った情報をこまやかに届けてくれます。

▷ おすすめ記事
2021年の「消費」はどう変わる? 時代を読み解く5つのサステナブルなキーワード


ETHICA

エシカは「私によくて、世界にイイ」情報を発信するサイト。インタビューでは著名人やエシカル、サステナブルの識者が多く、ほか季節に合わせたエシカルを発信しています。

▷ おすすめ記事
(第37話)「実はとってもエシカル?日本の伝統服・着物の歴史と魅力」キコの「暮らしの塩梅」


IDEAS FOR GOOD

アイデアズ フォー グッドは「社会をもっとよくするアイデアを集めたウェブマガジン」です。世界の先端テクノロジー、デザイン、イベント情報などを公開中。

おすすめ記事
【わかる、えらぶ、エシカル#15】知っているようで知らない「無添加」。体や環境に優しい商品を買おう


HAKOBU LIVING

ハコブ リビングは「やさしい気持ちでポジティブに過ごす」ための「エシカルな暮らしのアイディア・情報」をまとめています。生活に密着した記事は、読者が取り入れられるアイデアを教えてくれます。

▷ おすすめ記事
エシカルとは? / エシカル消費について考えよう!


Taliki

タリキは「未来の変化のために、「今」を耕す起業家たちの強さと優しさ、クールな理想」を届けるメディア。インタビュー記事の親密さと緻密さは素敵です。「社会起業家集団」ボーダレス・ジャパンから立ち上がった企業が運営しています。

▷ おすすめ記事
シングルマザー専用のシェアハウス。母子が笑顔で安心して暮らすことができる住環境を目指して


Tenable

テナブルは「地球の困リゴト」を「ジブンゴト」に、というキャッチフレーズのもとサステナブルな情報の発信をしています。渋谷発のメディアで、生活に取り入れやすそうです。

▷ おすすめ記事
エシカルな選択が、ファッションを自由にする|Liv:ra/TSU.NA.GU. 小森優美さん


(以上、アルファベット順)



<サステナブル系

HANAKOより – ハナコと考えるSDGs

雑誌 HANAKO の SDGs に関する連載です。視野が広く、さまざまな話題をやわらかい文章で扱っています。ダイバーシティとジェンダー平等に力を入れているように見えます。


SDGs media

SDGsについてわかりやすくまとめているサイトです。特にSDGsについて学びたい時に参考になります。


Sustainable Japan | 世界のサステナビリティ・ESG投資・SDGs

サステナビリティとESG(環境、社会、企業統治)の伝道師として大活躍している夫馬賢治さんが主宰するサイト。世界中のサステナビリティに関するニュースを和訳して、集約しています。今は有料化されており、全文を読むのはビジネスパーソン向けかもしれません。


Circular Economy Hub(サーキュラー・エコノミー・ハブ)

財団が運営しており、「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」について記事を載せています。記事は研究レポートの趣を持ち、信頼が置けて、情報の密度も高いです。サーキュラー(循環)は、今エシカルのなかでも重要なテーマになってきていると感じます。


オルタナ(alterna)

オルタナは「サステナブル・ビジネス・マガジン」と銘打っています。2006年に(Web上で)創刊され、当時から「CSR(企業の社会的責任)」を打ち出しています。姉妹サイトで「オルタナS」があり、こちらは外部団体からの寄稿を中心に、生活者により近い目線で発信されているようです。


サステナブル・ブランドジャパン

さまざまな識者が集まって、記事を執筆しています。時事の話題もあれば、論説もあり、地域に根ざした具体的な話から、先端のトピックもあります。国際、日本国内もカバーしています。


(以上、アルファベット順、五十音順)

手をつなぐひとたち。書類を持っている。
力を合わせて、エシカルを広めましょう!


* まとめは、もとより網羅的ではありませんが、漏れや気になる点などございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡いただけると幸いです。

* 個人名でのブログ発信等は扱いませんでした。また、Instagram, noteなどのプラットフォームによるものも今回は省略しました。


私たち、エシカルSTORYのほか、こうしたさまざまなエシカル/サステナブルに関するサイトがあります。どうぞ、それぞれを参考にみなさんのエシカルライフが充実することを願っています。


作成/文:木村洋平


こちらの記事もおすすめ



エシカルSTORY ホーム