コロナ下の「困りごと」の相談先一覧と相談のコツをまとめました。

コロナ下でさまざまな「困りごと」が増加しています。ここでは、ひとまず「ここに相談できる」ところと、状況ごとの相談先一覧、相談のコツをできるだけシンプルにまとめました。(更新日:2021.1.10.)

カプチーノで手を温める緑の袖の女性。ペンと新聞が置かれている。


この記事では、さまざまな相談先の一覧と相談のコツをまとめました。できるだけシンプルに、わかりやすくと心がけています。

* 生命や生存、生きることの尊重にかかわることがらは「エシカル」(倫理)です。この記事がいま困っているひと、将来に不安を抱えるひとの助けになることを願って。


1.「いま、とにかく困っている!」ひとへ

「どこに相談してよいかわからない」
「いますぐ、助けがほしい」
「自殺したくなっている……」

「困りごと」の種類を問わず、こういう気持ちの方は、ここに紹介する4つのどれかに相談することをおすすめします。
ぱっと目についたところ、つながったところに相談すればよいと思います。


よりそいホットライン 0120-279-338
(岩手・宮城・福島からは 0120-279-226)

さまざまな悩みに応えています。
精神的な苦しみ、被災にかかわること、性にかかわること、女性の悩みなど。


いのちの電話 0120-783-556

→ 都道府県ごとに個別の相談先もあります。こちらの一覧をご覧ください。


あなたのいばしょ チャット相談

リンク先で、チャットが始まります。
「望まない孤独」の解消を目指し、若者の自殺、DV、児童虐待などの相談に応じています。

こちらに理事長の大空幸星さんの挨拶、目指す社会、団体概要がまとめられています。


生きづらびっと SNS, チャット相談

□ LINE相談 ID検索:@yorisoi-chat(生きづらびっと)
Twitter:@yorisoichat (DMで相談できます。)
よりそいチャット(ブラウザでチャット相談ができます。)

生きづらびっとは、SNSやチャットで自殺防止の相談をしています。必要に応じて対面の支援にもつないでくれます。

***

ひとまず、気になったところに相談してみてはいかがでしょう。

「いいえ、すぐ生死にかかわるという状況ではありません……」
「自殺したい、とまでは思っていない」

という方も、どうしてよいかわからなければ、連絡してみることをおすすめします。親切な応対を受けて「いったん落ち着く」ことができるかもしれません。


もっと具体的な状況に合わせた相談先をお探しの方は、このまま以下をご覧ください。

赤い電話ボックスのある街道。道は車の光が尾を引いている。
赤い電話ボックス

コラム:迷いがあるかもしれません。

しんどい時は電話ひとつかけるのも、勇気がいりますし、そこでうまくいかないと気持ちも落ち込みます。「もっと大変なひともいるんじゃないか……」と考え込んでしまうかもしれません。

けれど、やはり「ひとりで煮詰まってしまう」時は、外の世界につながることを諦めないことが大切だと感じます。

きっと相談に応じてくれるひとが見つかるでしょう。

どんな困りごとでも、一番のポイントは「相談することをためらわない」ことです。

もっとも、「言わなきゃ」とご自分を追いつめてしまいそうであれば、焦らなくてよいと思います。
このあと、記事は「6.相談前に「まずは情報を見たい」ひとへ」まで続きます。よかったら、ゆっくりご覧になってください。


2.高齢者にかかわる困りごと

ご自身が高齢(65歳以上)で生活に支障がある場合、
または、
高齢の両親や身近なひとの世話をするのに困った場合は、

「地域包括支援センター」に相談できます。


最寄りのセンターの探し方は、

「〇〇市(町村・区)」(高齢者の住んでいる自治体)×「地域包括支援センター」

で、Googleなどで検索することです。

・地域包括支援センターの設置は、法令で義務づけられていますので、全国の自治体にあります。
・自治体によっては「高齢者支援センター」など別の名称を使っています。

「地域包括支援センター」は、民間団体(NPOや福祉の法人)が運営していることが多いです。ベテランの支援者や研修を受けた相談員が、親切に応対してくれるものと思います。

老人の手を握り、ケアをする


ポイントは、最初に役所(県庁や市役所など)に問い合わせず、まず「地域包括支援センター」に相談することです。たしかに、役所には「高齢者支援課」といった担当課がありますし、Google等の検索でも上位に出ます。

ところが、すべてではないとしても、役所の対応は冷たいことが多いです。別の部署にかけ直すよう言われたり、結局は「地域包括支援センターに対応してもらってください」と言われて切られたりします。

こういう時、

「たらい回しにされた」
「次のところも冷たくあしらわれるのではないか……」

といった不安が生まれ、気持ちが落ちてしまう恐れがあります。

そこで、役所よりも先に「地域包括支援センター」に相談することをおすすめしたいです。
もちろん、法的なことや仕組みのうえで必要が生じた場合は、役所とやりとりしたらよいと思います。


なお、「年齢は高いけれど、65歳に満たない」といった場合も、地域包括支援センターに相談してみてもよいかもしれません。すぐには対応できないとしても、「今後、どこに相談するとよいか」を教えてくれるでしょう。


3.子ども(18歳未満)にかかわる困りごと

赤ん坊と女の子の姉妹。ベッドで寝ている。


自分がいま18歳未満で困っているか、
親や保護者として子育ての支援がいる場合、

各地域の「子ども家庭支援センター」に電話するとよいでしょう。

虐待を、受けている/してしまった(かもしれない)/地域で見聞きした場合も、相談先は同じです。
ただし、虐待について相談先を分けている自治体もあります。よくわからなければ、まず「子ども家庭支援センター」に電話をかけてみてよいと思います。


最寄りのセンターの探し方は、

「〇〇市(町村・区)」(子どもの住んでいる自治体)×「子ども家庭支援センター」

で、Googleなどで検索することです。

市町村レベルで見つからなければ、お住まいの「都道府県」で検索します。
・自治体によっては「児童家庭支援センター」など別の名称を使っています。
・運営は民間団体の場合もあれば、行政の場合もあります。

これも、「2.高齢者にかかわる困りごと」と同じように、役所の担当課より先に「子ども家庭支援センター」に相談する方がよいかもしれません。


4.生計(お金や住まい)にかかわること

「解雇されて、生計が立たない」
「仕事ができない」
「住まいを失うかも」

といった場合には、生活保護を検討するのがよいかと思います。

赤いハートと、頼りになりそうな綱。


日本では、さまざまな困窮のセーフティネットが「生活保護」になっています。もちろん、各種の社会保障はあります(失業保険、傷病手当、障害年金など)から、それで解決できる場合もあるかと思います。


けれど、たとえば、

「お金がないが、実家を頼れない」
「シングル家庭で、子どもの生活もかかっている」

「自分が病気を抱えているか、精神的に追い詰められている」
「住所がない」

「住まいを失いそう」

といった場合は、生活保護を受けて、いったん生活を落ち着けた方がよいかもしれません。


判断に迷った時は、「1.「いま、とにかく困っている!」ひとへ」で紹介した「よりそいホットライン」「あなたのいばしょ」などに相談するのもよいでしょう。

事前に情報を知りたい時は、生活保護に長年かかわってきた支援団体「もやい」のサイトを見ることもおすすめです。
また、「6.相談前に「まずは情報を見たい」ひとへ」(一番下↓)で紹介するサイトを見ることが助けになるかもしれません。


さて、生活保護の受け方について紹介します。

「生活保護」は、いまいる自治体の福祉事務所か役所で申請できます。
(いまいる自治体というのは、「住まいがある」「住民票がある」といった意味ではなく、現在地のことです。住所がなくても、生活保護は受けられます。)


なお、申請時に役所から厳しい対応、理不尽な対応(「水際作戦」と言われる)を受けるケースもあるようなので、「支援団体に事前に相談しておく」、または「申請する時、信頼できるひとに付き添ってもらう」ことができると心強いでしょう。


*「生活保護」の情報について
ネット上には、さまざまなネガティブな情報が飛び交っています。正しい/まちがいを問わず、Google等やSNSで検索し始めると、気がめいるかもしれません。信頼のできるひとや団体に電話・チャット等でたずね、支援者につながることが一番の近道だと思います。


5.女性へのサポート

いまの社会では、DVやセクハラにかぎらず、親子関係や家事、就業においても、男性より女性に困難や悩みが降りかかる傾向が強いといえます。
(日本のジェンダーギャップ指数は世界で見ても、かなり高いです。)


東京ウィメンズプラザ

女性の相談先として都内であれば、東京ウィメンズプラザをおすすめします。
(なお、ウィメンズプラザでは、DVを受けた男性からの相談も受けつけています。)
ただし、相談には「東京に在住・在勤・在学」が条件とされています。

相談窓口は、以下のふたつに分かれています。

1.パートナーからの暴力について相談
2.夫婦・親子、生き方、職場の人間関係などについての相談
(それぞれの電話番号は、リンク先でお確かめください。)


DV相談ナビ #8008(電話)

全国区では、内閣府が運用する「DV相談ナビ」「DV相談+(プラス)」があります。

DV相談ナビは、全国共通で #8008 に電話をかけてDV(ドメスティック・バイオレンス。親しい間柄での暴力、暴言、理不尽な行為など)について相談できるものです。

*若いひとは、「#」ボタンを知らないかもしれません。「シャープ」と呼ばれるボタンで、「8008」の前にこれを押します。インスタのハッシュタグと同じ記号ですね。
(写真、右下のボタン↓)

スマートフォンで出る電話番号の画面
「#」を最初に押します。


DV相談ナビ+

DV相談ナビ+(プラス)では、電話、メール(24時間受付)、チャット(12時〜22時)での相談を受けつけています。

電話:0120-279-889(24時間受付)

* メールとチャットはリンク先からアクセスできます。

アジア系の女性と犬が顔を見合わせて笑っている。


女性の人権ホットライン 0570-070-810

「女性の人権ホットライン」では、幅広い問題について相談できます。
法務省が設置しており、「配偶者やパートナーからの暴力、職場等におけるセクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為といった女性をめぐる様々な人権問題」に応対しています。

「女性の人権ホットライン」では、こちらからインターネット相談もできます。

「女性の人権」にかかわる問題は幅広いですが、こちらのサイト(政府広報)にまとまった情報があります。

「自分の困りごとは当てはまるのかな?」

と迷ったら、ご覧になってみてください。


6.相談前に「まずは情報を見たい」ひとへ

スマートフォンを見ている女性。ジーンズを履いてラフな格好をしている。


ここでは、ふたつのサイトをご紹介 & おすすめします。

NHKハートネット
Soar (ソア)

どちらもフリーワードの検索窓(サイト内検索)があります。ともに領域を横断して情報が充実したサイトですので、ご自身の困りごとや症状に合った記事を探してみてください。

スマートフォンから虹色の波が出ている。
検索窓に「困りごと」を入力してみてください。


NHKハートネット福祉に関する総合サイトです。

Soar(ソア)は、NPO法人の運営するサイトであり、さまざまな声と情報を提供しています。
代表の工藤さんが、「Soar は情報のセーフティネットを目指す」と宣言していたことが印象的です。

Soar の特徴としては、困難を抱えている当事者に直接、取材した記事が多いことです。当事者の「声」が聞けます。また、2020年の年始にサイトがリニューアルされており、視聴覚に障害や困難のある方にも配慮された設計になっています。(リニューアル方針については、こちらのnoteをごご覧ください。)


まとめ

相談先と相談のコツを紹介してきましたが、お役に立てたでしょうか。相談は、どんな形であれ勇気がいるものと思います。

筆者は、20代の半ばに精神的な不調を抱えて、「いのちの電話」にかけ、地域にある心療内科を紹介してもらったことがあります。それをきっかけに、よい方に向かいました。

その時は、希死念慮もなかったので、「本当に私が「いのちの電話」にかけてよいのだろうか?」と不安もあったのですが、かけてよかったと思います。

黒電話の前に万年筆とメモが置いてある。


いまは、SNSも含め、情報がたくさんあるなかで、「正しい/誤り」や「事実/作りごと」といった分け方よりも、「それを読んで安心感が得られるか」「それをもとに次の一歩を踏み出せるか」が重要なのではないかと考えます。

自分に合った発信元やひとに巡り会えるとよいですね。

もちろん、「正しい」「事実」である情報の方がよいですし、誰もがリテラシーを持っていたらよいことですが、根っこでは「信頼できるひとがいる」という感覚が一番、大切ではないかと感じます。

ふたりの少年と少女が手をつないで木々のなかを歩いている後ろ姿

みなさまと、みなさまのご友人、ご家族、身近なひとが少しでもよい道を見つけられることを願っています。


(すべてのURLの情報取得日は 2021年1月10日)


* 各団体、行政の情報などに誤りがあった場合は、お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご一報いただけると幸いです。(こちらのフォームからよろしくお願いいたします。)


文:木村洋平