女性に配慮した仕事環境へ──生理の理解を進め、話しやすくするために

生理は、性とジェンダーにかかわる重要なトピックです。日本ではタブー視されがちな生理にかかわる基礎知識と社会への提案をまとめました。

女性にとって生理は、毎月ナーバスにさせられることも多いもの。人によっては、起き上がることすら苦痛になります。

男性も生理の存在は知っているけれど、どんな現象かを理解するのは難しいでしょう。「経験しないとわからない」部分が大きいからです。

また、生理の話題はタブー視される向きもあります。たしかにもっと話ができれば女性は救われるし、「理解したい」という男性も多くいます。しかし、直接、話題にすることはためらわれる文化もあります。

これらについて、生物学的に女性である筆者がいくつかの提案をしてみます。


生理休暇の取得率の低さ

女性には月に1度の半休、もしくは1日〜2日、女性特有の不調に備える有給を与えても良いのではないかと筆者は思っています。

というのは、厚生労働省の調査によると、平成31年度では、生理休暇を請求した女性労働者の割合は0.9%にとどまります。生理休暇をなんとなく取得しづらい空気があるためでしょう。

「『令和2年度雇用均等基本調査』の結果概要」厚生労働省

一方で、大王製紙が実施したアンケート調査によると、「生理について周囲に言えなくて困った経験が「非常にある」または「ある」」と回答している女性は39.1%で、生理用ナプキンの交換について「困ったことが「非常にある」「ある」」と回答した女性は66%にのぼっています。

「『令和』の生理に対する意識の実態とは」大王製紙

実際、筆者も会社員時代はよく困りました。席を立ちたくても立てない時があります。その時は「ナプキン大丈夫かな……」という考えが頭の中の半分を占めていました。

そこで、改めて生理について説明してみます。


生理の仕組み

まず、生理の仕組みについて簡単に説明します。

出典:「月経について教えてください。」日本産婦人科医会

脳下垂体、卵巣の2か所から排出される4種類のホルモンに影響され、卵細胞が成長すると同時に妊娠に備えて子宮内膜が分厚くなっていきます。

この間に妊娠が成立しなかった後は、この子宮内膜は丸ごと剥がれ落ちて、血液とともに膣から出てきます。これが生理(月経)の仕組みです。

個人差はありますが、25〜38日周期でこれが繰り返されます。

出血量は個人によって異なりますが、1回の生理で20ml〜140mlが一般的な量と言われています。ときに内膜が塊になって出てくることもあります。

「月経(生理)が長い、経血(出血)の量が多い、月経異常の症状と対策」NHK健康ch

また、出血や痛みだけでなく、ホルモンや自律神経の乱れが起こりやすいことも知っておきたいことです。PMS(生理前の不調)を含め、生理中にかぎらず、本人の意思ではコントロールできない不調が起こりやすく、精神的に不安定になるひともいます。


生理痛

生理痛にも個人差があります。さほど感じないひともいれば、起き上がるのがつらいほどの腰や下腹部の痛みを感じる人もいます。

これは、子宮内膜を押し出すために子宮が強く収縮するからです。プロスタグランジンという物質の働きですが、プロスタグランジンは痛み成分です。よって、プロスタグランジンの分泌量などの個人差で、痛みの程度は決まります。

多くは鎮痛剤で緩和しますが、「子宮をわしづかみにされている感じ」と筆者は思います。

そして、筆者の場合はかなり痛い方です。月によっては起き上がるのがおっくうですし、ある時は腰から太ももまでしびれるような痛みが走ったこともありました。ひとによっては婦人科の受診が必要になります。


ナプキンの交換

仕事中、多くの女性が困るのが、ナプキン交換のタイミングです。

その時つけているナプキンが、吸収量の限界に近づいているかどうかは感触で分かります。早めに交換しなければ、経血がナプキンの許容範囲を超えて、服に血液が漏れ出してしまうこともあります。

しかし、職種や時と場合によっては、好きなタイミングで交換できない場面もあります。さきほどの大王製紙のアンケート調査では、66%の女性が「ナプキンを交換したいときにできない、または長時間できなくて困ったことがある」と回答しています。

女性は経血が漏れないかとヒヤヒヤしつつ、交換のタイミングを窺うことになります。

また、明らかにそれとわかる生理用品を入れたポーチをバッグから取り出し、トイレに向かう姿もあまり見られたくないと多くの女性が感じています。できれば人目につかないタイミングでこっそりとバッグから取り出したいと、そのようなことにも気を遣います。


男性が生理を疑似体験できるか?

一方で多くの男性が、こうした女性ホルモンによる不調を「理解したい」と感じています。

あすか製薬がおこなった「生理(月経)をはじめとする女性ホルモンに関する男女の意識調査」では、8割の男性が「理解したい」と回答しています。とくに20代、30代の男性の理解意欲が強いようです。

では、どのようなことが理解の助けになるでしょうか。

ここで、あるカップルがYouTubeに投稿した興味深い動画を紹介します。


女性が男性に生理を疑似体験させるという内容です。

まず、痛み(鈍痛)について。植木鉢に下腹部を乗せ、うつ伏せになります。男性はかなり痛いようです。

次に、だるさを再現するために4kgのおもりを腰に巻きます。

そのうえで、生理用ナプキンに髭剃り用のジェルを塗ったものを男性が装着します。ナプキンが経血を吸収していくと蒸れるような、常に湿っているような不快感を再現しています。

男性にとっては、座るという動作だけでナプキンに違和感を感じてしまい、「座りたくない」「気持ち悪い」と声が漏れました。

その後、家事と軽い運動。さすがに男性は不快感に耐えきれず悲鳴を上げました。

男性が考えもしないタイミングでジェルを追加する女性の手腕は、見事だと感じながら視聴しました。多くの女性が経験することですが、突然のタイミングで塊がドロリと出てきたりするからです。


「理解して欲しい」「理解したい」の間にあるタブー感

さきほどの大王製紙のアンケート調査によると、生理について周囲に言えないことに対し、約4割の女性が「非常にある/ある」と回答しています。

理由としては、以下のようなものが挙がっています。

<女性>
・自分のからだのことを話す必要はないから。(10代女性 学生)
・恥ずかしいから。(10代女性 学生)
・同性でもオープンに話すべき内容ではないと教えられてきたから。(30代女性 会社員)

<男性>
・タブーな感じがするから。(10代男性 学生)
・セクハラになるかもしれないから。(30代男性 会社員)
・あまり触れてはいけない話題であると意識的に思ってしまっているため。(30代 会社員)

性を問わず、考えを少し変えていかなければならない時期に来ているでしょう。


生理についてタブー視せずに話せる環境作り

たしかに、生理について「フランクに話しましょう」と風潮もあります。

しかし筆者は、タブー視されてきたこれまでの文化があることを前提に考えれば、ある日突然「さあ、話しましょう」と言われても困惑する人のほうが多いのではないかと思います。

一方で、生理によって起きる不調は、ときに子宮の病気の発見にもつながるという意味で、どのような職場や仕事環境においても、部下が上司に生理を話題にできる環境は大切だとも考えます。

そこで肝心なのは「出だし」ではないでしょうか。

それまで生理の話などしたことがなかった男性上司に、ある日、突然話題にされても困ります。そこで、異動のタイミングや個人面談の際に、「困ったら相談して」という空気作りをすることから始めてはどうでしょう。


女性(生理のあるひと)に通常の有給休暇を

もうひとつコツがあるとすれば、直接的な言葉を使わないことです。

たとえば、「女性の1か月を考えると」といったやんわりとした言葉で、大きな声で主張せずに済むような環境作りがいると思われます。さらに、「生理休暇」も名前が直接的です。

冒頭に筆者が述べた「女性には有給休暇を別に与えるべき」という理由はこれです。わざわざ生理だと断らなくても「有給休暇をとります」と言えるならば、利用しやすく感じる女性は増えるでしょう。

なお、有給にする理由は、生理用品にお金がかかったり、ときおり婦人科の受診が必要になったりと、生理に関することで女性だけが出費を強いられるからです。


こういった知識をもとに男性と女性の間に生まれるギャップを少しずつ埋めていけるとよいでしょう。


出典:Deeper, 元記事

編集:木村洋平


こちらの記事もおすすめ

エシカルSTORY ホーム