LUSHの「チャリティポット」で楽しくハンド&ボディケアはどうですか?(となりのエシカル)

美容・化粧品の LUSH(ラッシュ)は「動物愛護」をはじめ、さまざまなエシカルを進めています。今回、紹介するハンド&ボディケアの「チャリティポット」は、消費税を除く全額が寄付に回ります。2020年10月には新製品「チャリティポット コイン」も登場しました。

チャリティポット コインは手のひらサイズ

イギリス発の美容・化粧品ブランド LUSH(ラッシュ)の名前は多くの方がご存じでしょう。とてもエシカルな企業です。カラフルなソープ、形もユニークな入浴剤、シャンプーやボディケア用品、ネーミングの楽しい香水など、若い世代にも人気が高いですね。



さて、今回紹介したいのは「チャリティポット」、ハンド&ボディローションです。エシカルなポイントは、消費税を除く全額が寄付に回る仕組みです。


寄付先は、「社会課題に取り組む草の根団体」公式サイトにあります。筆者が店舗を訪れた時には「屋久島のうみがめを守る」「ケニアの子どもを守る地域づくり」「子育て支援の広報誌つくり」などの活動を支援していました。



黒いカップのふたに、どのような活動に寄付が回るか、シールで貼ってあります。大きさは2種類あり、価格はそれぞれ610円、2350円です。


ここに、2020年10月「チャリティポット コイン」という新しい製品が加わりました。160円で手のひらにぽんと乗るサイズ。さっそく試してみたのですが、バターの素材が肌にしっとり馴染みます。

チャリティポット コイン 160円


上のチャリティポット(黒カップ)の中身がなめらかなクリームなのに対して、コインはご覧のとおり固形です。

ただし、成分は同じようです。原材料については こちら(公式サイト)に説明があります。シアバターはオーガニック・フェアトレードを意識しています。甘い香りが立つのは、イランイランの油とバニラのようです。

表に刻印されている模様は3種類(動物の前足・葉っぱ・ひとの手)。サイズ感やお手頃なところは、贈り物にもよさそうですね。


ちなみに、包装にも配慮しているLUSHですので、過剰な包装はせず、薄い包み紙でくるんでもらえます。また、包装紙を使いたくないひとのために、「マイ包装」のための布も売っています。

チャリティポット(コイン)で「気軽にできるエシカル」(となりのエシカル)を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか? よい香りで夜寝る前にリラックスするのも、おすすめです。


文・写真:木村洋平
画像提供(一部):株式会社ラッシュジャパン
協力:ラッシュ町田 modi 店


こちらの記事もおすすめ