私たちのストーリー

私たちは「よりよく生きようとするひと」(=エシカルなひと)のストーリーを伝えるWebメディアです。

エシカルSTORYでは、取材やライティングを通して「エシカルなひとの物語」を紡ぎます。ひとは、ひとに触れて共感することで、考えや感性を響き合わせ、変化していけると思うからです。

こうした肯定的な気持ち、社会課題への関心、善く生きたいと思う仲間が集まって、エシカルSTORYは始まりました。


もともと「エシカル」という言葉は、「エシカル消費」(環境や社会に配慮したモノを買うこと)から始まりました。

私たちは、もう少し広く「ひと、環境、社会、地域、文化に配慮したライフスタイルを作ることをエシカルと呼んでいます。このようなエシカルの輪を広げようという動きはサステナビリティ(持続可能性)やSDGsとも深くかかわってきます。その全体に目配りをしながら、エシカルSTORYを運用していきます。


記事は、読者のみなさまに手紙のように届けたく、一つ一つに「物語」(STORY)を込めます。
その時、次の3つを大切にしています。

  • 多様なものの見方や感じ方を大事にすること
  • エシカルやサステナビリティについて深く考え、易しく伝えること
  • 領域や専門性の枠組みを横断し、自由で生活になじむ表現を目指すこと


今後、「エシカル」への舵切りは、自治体や企業、個人にもいっそう求められるでしょう。読者の方々やいっしょに仕事をしてくださるみなさまとともに、楽しみながらエシカルを形にしていければ幸いです。


この仕事を通じて、みなさまと未知の世界を切り拓こうとする勇気と情熱を分かち合い、世界と人間に対する信頼を確かめ続けられることを願っています。


2020年6月13日

エシカルSTORY 代表 木村洋平




代表/編集長 木村洋平 

1983年東京生まれ。筑波大学附属駒場中高等学校卒。東京大学 教養学部(科学史・科学哲学 専攻)卒業。和光大学大学院(社会文化総合研究科)修了。作家としてヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』の新訳(社会評論社, 2007)をはじめ、主著『遊戯哲学博物誌』など4冊の本を出版。そのかたわら、フリーランスの編集者/ライターとして主に書籍の制作を担当する。手がけた本は科学思想史、ジャズの歴史、平成の文学史、介護、ファンタジー小説、俳句など。また、刊行記念イベントや読書会を主催。2020年、哲学・倫理の探究と社会課題への関心、福祉領域でのボランティア経験を活かして「エシカルSTORY」を立ち上げる。北海道と珈琲が好き。



ブランディング/デザイン担当 新川春男(Oruha Design)

1963年愛知生まれ。アイホン株式会社、TOKIデザイン室、市川事務所に勤務。また、Oruha Design としても活動。デザイナー・アートディレクターとして、日経BP、リクルート、みずほ総合研究所、NTTファシリテーズ総合研究所、GEメディカルシステムズ、三菱商事、水俣フォーラムなどのCI・VI、新聞、雑誌広告、パンフレット・PR誌、書籍、雑誌などのデザイン制作にたずさわる。趣味は自転車と山歩き。




ライター

ブラウン美帆さん

ブラウン美帆

エシカルなライフスタイルを提案する情報サイト「Hakobu Living」を運営。
国際結婚を経てアメリカへ移住し、エコでエシカルな生活を体験する。映画「ザ・トゥルー・コスト(ファストファッション 真の代償)」を観たことをきっかけに、本格的にエシカルな暮らしを目指す。日本で「エシカル」をライフスタイルに取り入れるための、アイデア記事を執筆している。


村木瞬

大学の受験勉強と並行して、「Webデザイン」や「エシカル」をキーワードに課外活動に取り組んでいる。実業家の自叙伝を読むことが好き。


中野鳩子

会社員。幼少期は詩や文学に親しみ、20代は科学・音楽・ファシリテーションなど興味分野の活動にアクティブに参加する”動”な日々を過ごす。現在の興味は書道や禅など”静”のもの・ことに移行中。ポップなカルチャーも好き。


尾畑珠美

薬膳ライフスタイリスト。会社員時代に体調を崩したことをきっかけに、食や自然との関わりの大切さに気付く。環境教育やサステナブルを推進するオフィスと、自然食品店での経験を経て、現在は薬膳を主軸にした情報を発信中。


古賀

古賀瞳

Webライター。過去の海外経験から、環境問題をはじめとする社会問題に興味をもつ。「人にも地球にも優しい暮らし」を探求中。瞑想、コーヒー、読書が好き。現在は、食や旅に関する情報を発信している。数ヶ月の海外ひとり旅を経験。世界一周が夢。ブログ「暮らすように、旅をする。」運営中。